フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!
メニュー
フラッシュ脱毛の産毛への効果
家庭用フラッシュ脱毛器の効果
フラッシュ脱毛の種類
生理中はフラッシュ脱毛してもいい?
ワックス脱毛とフラッシュ脱毛の違い
フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の違い
フラッシュ脱毛できない人

フラッシュ脱毛ができない人はどんな人?

フラッシュ脱毛は、脱毛サロンやエステで施術される脱毛方法となっており、肌へのダメージが少なく施術時に感じる痛みがほとんど無いのが特徴です。
フラッシュ脱毛では、ジェルによる保湿を行いながら脱毛施術を行う為脱毛施術をしながら美肌効果も得られる方法であり乾燥肌や敏感肌の方でも効果的に施術をすることができます。
医療クリニックによるレーザー脱毛は、メラニン色素に強く反応し威力の強いレーザーを照射することから日焼け肌や褐色肌への施術は火傷のリスクが高く施術不可となることがほとんどですが、フラッシュ脱毛は照射出力が弱いためある程度の日焼けであれば脱毛施術が可能です。
フラッシュ脱毛が施術できない人は、妊娠中・授乳中・生理中の方と薬を服用している方となっています。
服用している薬の種類によっては脱毛施術ができる場合あるためカウンセリングの際に処方箋などで確認が必要です。
持病がある人のフラッシュ脱毛の施術は要注意となっています。
皮膚がん・感染病・糖尿病・心臓病・緑内障・光アレルギーなどの持病がある人は施術することができません。
カウンセリングの際には病歴や持病の申告が必要です。
施術をするためにウソの申告をすると施術時に万が一トラブルが発生した場合でも適切な処置を取ることが出来ず危険なので注意してください。
薬の服用としては、抗生物質・精神安定剤・ピルなどの薬を継続して服用している方は施術不可となることが多いようです。
薬を服用しておられる方は、カウンセリングの際にお薬手帳や薬剤情報提供文書を持参してカウンセラーと相談するか、あらかじめ医師や薬剤師にフラッシュ脱毛を施術しても大丈夫か確認しておくとスムーズです。
どのサロンにおいてもフラッシュ脱毛が出来ないのは、妊娠中・授乳中・生理中の方となっています。
妊娠・授乳・生理の期間は女性ホルモンのバランスが崩れることで肌のダメージも大きく、通常状態より痛みを強く感じる期間です。
痛みを我慢することはストレスになり、ストレス状態での脱毛は施術状態も悪くなります。
妊娠中の照射施術が胎児に直接悪い影響を与えるわけではありませんが、妊娠中はホルモンバランスが変化することにより体毛が濃く増える期間でもあり、脱毛効果を実感することができません。
痛みによりお腹に力が入ることで胎盤が収縮するため早産・流産のリスクが高まります。
授乳中においてもストレスを感じやすい期間である上に効果的な施術をすることができない為施術することができません。
授乳中の脱毛再開時期は、生理再開後3回目の生理以降が再開のタイミングとされています。



更新情報


TOP PAGE

© 2019 All right reserved :フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!