フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!
メニュー
フラッシュ脱毛の産毛への効果
家庭用フラッシュ脱毛器の効果
フラッシュ脱毛の種類
生理中はフラッシュ脱毛してもいい?
ワックス脱毛とフラッシュ脱毛の違い
フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の違い
フラッシュ脱毛できない人

フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の違い

フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の違いは、3つあり施術方法と照射出力と効果の出方です。
フォトフェイシャルもフラッシュ脱毛も脱毛には同じように光が使われています。
同じ光での施術であってもフラッシュ脱毛にはIPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛という種類があり、フォトフェイシャルで使われる光はIPLとなっているためIPL脱毛と原理は同じです。
フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の大きな違いは、医療行為かそうでないかになります。
フォトフェイシャルは医療行為による施術方法であり、フラッシュ脱毛は脱毛サロンやエステで施術される医療行為にならない施術方法です。
フォトフェイシャルはルミナスという会社の医療機器メーカーの登録商標であり、ルミナスの機械を使った治療がフォトフェイシャルと呼ぶことを許されています。
医療行為であるフォトフェイシャルは照射出力も高く照射レベルを表すジュールで比較すると、フラッシュ脱毛は20〜25でフォトフェイシャルは30です。
フォトフェイシャルはIPLという光を照射することで肌のシミ・くすみ・赤み・毛穴の広がり・キメなどのトラブルを解消する治療方法であり、コラーゲン・エラスチンなどの肌の成分の働きが良くなることで肌の生成の循環が良くなり美肌・アンチエイジング効果が高まります。
フラッシュ脱毛での顔の脱毛は、SHRという産毛に対応した脱毛方法が効果的でありIPLやSSCの脱毛方式では産毛への脱毛効果が得られません。
顔のフラッシュ脱毛は、赤みが発生したり腫れが生じたり毛穴トラブルが発生するリスクもあり、施術後はアフターケアも重要でテープなどでの保護が必要になることもあります。
フォトフェイシャルは、施術後すぐに化粧することも可能で赤みが生じたとしても施術の当日〜翌日には落ち着くのがほとんどです。
フラッシュ脱毛は美肌効果も期待できますが、肌質の改善には施術方法を使い分ける必要もあります。
フォトフェイシャルは複数の肌トラブルの改善を一度に行うことが可能です。
フォトフェイシャルはシミ・そばかすの原因となるメラニンにダメージを与えメラニンの生成を抑制する効果もあります。
施術を繰り返すことでシミ・そばかすの出来にくい肌質になりますがシミの改善にはフラッシュ脱毛が適切な場合もあるためカウンセリングでの相談も重要です。
フラッシュ脱毛での施術は照射で熱刺激を与える為、施術後のほてりや発熱・赤みや腫れなどを引き起こしやすいのですが、フォトフェイシャルは毛細血管にダメージを与えることなく余分な毛細血管を収縮させる効果があるので肌の赤みを改善するのに効果的です。



更新情報


TOP PAGE

© 2019 All right reserved :フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!