フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!
メニュー
フラッシュ脱毛の産毛への効果
家庭用フラッシュ脱毛器の効果
フラッシュ脱毛の種類
生理中はフラッシュ脱毛してもいい?
ワックス脱毛とフラッシュ脱毛の違い
フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の違い
フラッシュ脱毛できない人

ワックス脱毛とフラッシュ脱毛の違い

ワックス脱毛は、ブラジリアンワックスと言われることが多い脱毛方法で、海外では昔からあるVIOなどデリケートな部分のムダ毛処理をするために使われる方法です。
ブラジリアンと言われる理由は、ブラジルの女性がサンバカーニバルなどで際どい衣装を身に付ける際にVIOが目立つため、VIO部分を処理するために開発されたからといわれています。
フラッシュ脱毛は、脱毛サロンやエステなどで施術される光とジェルを使用した脱毛マシンによる脱毛方法です。
ワックス脱毛の脱毛方法は、ワックスを脱毛部位に塗布し専用シートを貼り付けてから一気に?がす脱毛方法となっています。
ワックス脱毛のメリットは効果に即効性があることです。
サロンに行ってる余裕もないしサロンに行ってたら間に合わないという場合でもワックス脱毛であれば塗って貼って?がすだけで手軽にキレイにムダ毛処理ができます。
ワックス脱毛のデメリットは、効果の持続性がなく2週間〜3週間ごとにムダ毛処理が必要になることです。
フラッシュ脱毛は、繰り返し施術を受けることでムダ毛の処理が必要なくなってきます。
効果に即効性はありませんが、回数を重ねて脱毛施術をすることで生えてくる毛が少なくなり、細くなっていくことが実感できるため自己処理の回数もだんだんと減りますが、効果に満足できるには1年半〜2年以上が必要となるのがデメリットです。
ワックス脱毛は、脱毛よりは除毛という方法となっており、テープを一気に?がす方法であるため強い痛みを伴う方法となっています。
テープを一気に?がすことにより副作用のリスクもあるのがワックス脱毛です。
大量のムダ毛を一気に毛穴から引き抜くため内出血を引き起こします。
ワックス脱毛を繰り返していくうちに鳥肌のようなブツブツがどんどんと増え治りも悪くなり皮膚科の受診が必要となるので頻回の使用は注意が必要です。
フラッシュ脱毛は施術による痛みがほとんどないので特徴で、痛みが少ない分脱毛効果も弱い方法となっています。
VIO部分は皮膚が薄く毛の密集している部分でもあり、毛が太く毛根がしっかりしているためフラッシュ脱毛の仕組みであるメラニン色素と反応して脱毛を行う方法には効果的な部分ではありますが、非常に強い痛みを伴うため照射出力が上げられず脱毛効果も低くなる部分です。
アジア人はワックス脱毛に馴染みが無くVIOの脱毛はフラッシュ脱毛が一般的となっていますが海外の方のVIOの脱毛はワックス脱毛が一般的となっています。
フラッシュ脱毛はメラニン色素と反応して照射施術をする方法となっている機器が多いため、金髪や白人の方はメラニン色素が薄く脱毛効果が得られませんし黒人の方は強く反応することで火傷のリスクが高くなるため欧米の方や黒人の方の脱毛方法はワックス脱毛が一般的です。



更新情報


TOP PAGE

© 2019 All right reserved :フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!