フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!
メニュー
フラッシュ脱毛の産毛への効果
家庭用フラッシュ脱毛器の効果
フラッシュ脱毛の種類
生理中はフラッシュ脱毛してもいい?
ワックス脱毛とフラッシュ脱毛の違い
フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の違い
フラッシュ脱毛できない人

フラッシュ脱毛は生理中や妊娠中、授乳中でも施術してもらえる?

脱毛サロンによるフラッシュ脱毛(光脱毛)においても医療脱毛においても妊娠中の脱毛施術はお断りとなっている店舗がほとんどとなっています。
生理中の脱毛施術においてもVIOは施術不可で、他の部位においても受けられない可能性が高いです。
仕事や家事・子育てによりサロンに通うのも難しく生理であることを隠して施術を受けたいという方も多くおられることと思います。
生理中は、ホルモンバランスが乱れ肌が敏感になっている時期でもあるため脱毛施術を受けることにより肌トラブルを引き起こすリスクが高まるので注意が必要です。
生理中は体温が低くなり血流が悪くなっている状態でもあり肌も乾燥していることから通常時より施術時に強い痛みを感じやすくなります。
ホルモンバランスの乱れにより精神状態も安定しないため痛みによるストレスも感じやすくなるのですが、ストレスを感じながらの施術は効果の出方も良くないです。
生理中は肌のバリア機能も敏感になっているため照射による熱刺激がダメージとなり赤みや腫れ・火傷などの皮膚障害につながります。
生理中は肌の敏感になっている時期であるため、施術中や施術直後は変化がなくても一時してから水ぶくれを伴うような炎症を起こすケースもあり、その場合には病院で治療を受けなければなりません。
皮膚障害を放置すると一生消えない色素沈着の原因にもなりますので早めの処置が必要です。
生理中の脱毛施術は脱毛効果を十分に発揮できない上、肌トラブルのリスクが高いことからサロンやクリニックでもお断りされています。
生理中の体質や肌の状況をしっかり理解しキャンセルすることが大切です。
生理不順の方は、予約当日に生理がきてしまうこともあると思います。
大手サロンでは生理が理由であればペナルティなくキャンセルすることができるので安心です。
多くのサロンにおいても生理であることを説明すればペナルティなく変更が可能となっています。
妊娠中は、妊娠初期であれば気付くまでに施術を受けてしまったという方も出てきますが照射による赤ちゃんへの影響はありません。
妊娠時の脱毛施術が断られる理由は、生理中の理由とほとんど大差はなくホルモンバランスにより脱毛効果が得られなくなるというの大きな理由です。
妊娠中はホルモンバランスにより毛が濃くなりムダ毛が増える傾向にあります。
出産を期に増えたムダ毛は徐々に減り元の状態になるのですが妊娠中は1時間近く同じ体制でいることも辛く、精神状態としてもストレスにつながるため施術はサロンでもクリニックでも休止となるのがほとんどです。
授乳期の施術においてもホルモンバランスと精神状態が通常状態より悪くなっているため効果的な脱毛施術を行うことができない為、、出産後の脱毛施術再開の目安は生理開始から3回目の生理以降となっています。



更新情報


TOP PAGE

© 2019 All right reserved :フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!