フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!
メニュー
フラッシュ脱毛の産毛への効果
家庭用フラッシュ脱毛器の効果
フラッシュ脱毛の種類
生理中はフラッシュ脱毛してもいい?
ワックス脱毛とフラッシュ脱毛の違い
フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の違い
フラッシュ脱毛できない人

フラッシュ脱毛は産毛にも効果がある?

フラッシュ脱毛はメラニン色素と反応して毛根にダメージを与える脱毛方法であるため、メラニン色素が少ない細い毛であったろ産毛には高い脱毛効果を期待できません。
フラッシュ脱毛にはIPL方式・SSC方式・SHR方式という脱毛方法がありますが、SHR方式は断続的に広範囲に熱刺激を与える脱毛方法であるため、メラニン色素に関係なく施術を行うことができるため産毛への脱毛効果を得られる方法となっています。
施術時に感じる痛みもほとんどなく、温かさを感じる程度の為痛みに弱い方でも安心して施術することができるのがSHR方式のフラッシュ脱毛です。
産毛の脱毛箇所としてメインとなるのは顔・背中・腕の3つとなっています。
顔の産毛が濃くなると顔の印象が暗くなったり化粧ノリが悪くなりますし、背中は見えない部分であることから意識しにくい部分ですが、自己処理がしにくく露出が多くなる時期には気になる部分です。
産毛の自己処理はカミソリでされることが多いですがカミソリでの除毛は、深剃りが可能な分肌の角質も一緒に削る為、乾燥やカミソリ負けなど肌トラブルを引き起こしやすい除毛方法となっています。
産毛の自己処理は肌へのダメージも大きく色素沈着や黒ずみの原因にもなるのでサロンによるフラッシュ脱毛が効果的です。
フラッシュ脱毛でもIPL方式とSSC方式はメラニン色素と反応する方法であるため産毛への脱毛効果は低くなっています。
フラッシュ脱毛で産毛処理を効果的に脱毛施術するには脱毛マシンの選択がポイントです。
SHR方式の脱毛は産毛にも効果的に脱毛施術を行うことができますが、通常の施術部位と比べると施術回数が多く必要となり施術完了までにかかる時間も長くなります。
産毛は通常の毛と生える周期が違っており、産毛の方が成長が遅いのが特徴です。
そのため、産毛の成長期に合わせると脱毛施術のタイミングも遅くなるため完了までの期間は長くなります。
産毛の脱毛にはリスクがつきものということも忘れてはなりません。
産毛は照射施術しにくい毛であることから硬毛化と増毛化のリスクがある脱毛部位です。
硬毛化と増毛化の症状については、はっきりとして原因が解明されていません。
硬毛化は産毛だった部分が普通の太い毛になったり、生えてなかったところから毛が生えてくる症状です。
増毛化は脱毛した箇所の毛が増える症状で、ムダ毛を減らす施術で毛が増える症状が増毛化といえます。
原因が解明されていないので防ぐこともできないのですが、照射施術により毛根細胞を弱らせる脱毛方法のはずがダメージを与えきれない部位であるため刺激により細胞が活性化することによっておこるようです。



更新情報


TOP PAGE

© 2019 All right reserved :フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!