フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!
メニュー
フラッシュ脱毛の産毛への効果
家庭用フラッシュ脱毛器の効果
フラッシュ脱毛の種類
生理中はフラッシュ脱毛してもいい?
ワックス脱毛とフラッシュ脱毛の違い
フォトフェイシャルとフラッシュ脱毛の違い
フラッシュ脱毛できない人

フラッシュ脱毛はどのくらいの脱毛効果が期待できる?

フラッシュ脱毛は光脱毛といわれる脱毛方法で、脱毛サロンやエステで行われる施術となっています。
フラッシュ脱毛の種類はIPL(インテンスパルスライト)方式とSSC(スムーズスキンコントロールメソッド)方式とSHR(スーパーヘアリムーバル)方式の3種類です。
IPL方式は光の熱を直に毛根に作用させる方法で脱毛効果の即効性が高く、太く濃い毛には効果が高い反面うぶ毛や細い毛には効果が低くなっています。
施術時に感じる痛みは他のSSC・SHRと比べると強い痛みを感じる方法です。
1回の施術の所要時間は全身で最短45分となっています。
照射可能な頻度は2ヶ月〜3ヶ月に1度で、脱毛完了までの期間は約3年です。
SSC方式はジェルを使用する方法で、光とジェルの相乗効果によって毛根に刺激を与えジェルの抑毛効果を高める方法となっています。
脱毛効果の即効性は低いですが、うぶ毛への脱毛効果も得られる方法です。
施術時に感じる痛みは軽いのですが、部位によっては痛みを強く感じる部位もあります。
1回の施術の所要時間は全身で約60分です。
照射可能な頻度は最短2週間〜3ヶ月に1度となっていますが、脱毛効果にばらつきがある方法のため脱毛完了までの期間は約4年となっています。
SHR方式は弱い光を断続的に照射することで刺激をあたえて抑毛効果を得る脱毛方法です。
脱毛効果の即効性は低く、今生えている毛への脱毛効果も弱い方法となっています。
日焼け肌やほくろの上の毛にも脱毛効果が得られることが特徴です。
施術時に感じる痛みはほとんどなく、温かさを感じる程度となっています。
1回の施術の所要時間は全身で最短20分です。
照射可能な頻度は2週間〜1ヶ月に1回となっており、脱毛完了までの期間は約6ヶ月〜1年と3種類の方法の中では圧倒的に早いスピードでの脱毛が可能となっています。
フラッシュ脱毛は、光エネルギーを照射することで毛根にダメージを与え、ダメージによって弱った毛が毛根から離れて毛が抜ける仕組みです。
クリニックによるレーザー脱毛と同じ仕組みではありますが、照射出力が弱いのが脱毛サロンでの施術となっています。
フラッシュ脱毛は永久脱毛はできませんが、脱毛効果は十分に得られる脱毛方法です。
減耗・抑毛効果によってムダ毛のない状態にできるため、自己処理も必要なくなり施術によって美肌効果も得られます。
照射出力が弱いため1度の施術による脱毛効果が少なく脱毛完了までには回数と時間がかかりますが、しっかりと施術を受けることで十分な脱毛効果を期待できます。

フラッシュ脱毛と医療脱毛の違い

フラッシュ脱毛は脱毛サロンで行う施術である光脱毛であり、医療クリニックで行う施術の医療脱毛はレーザー脱毛となっています。
光脱毛には、ジェルを使用する方法と使用しない方法での違いのある脱毛方法で3種類のIPL・SSC・SHRという脱毛方法があるのが特徴です。
レーザー脱毛にもショット式と蓄熱式がありレーザーの種類にも、ダイオードレーザー・アレキサンドライトレーザー・ヤグレーザーの3種類があります。
レーザー脱毛は、医療用レーザーを用いた脱毛で医療行為であることから医療従事者でないと施術ができない方法です。
毛根を破壊することができる施術となるため脱毛効果が非常に高いことが特徴となっています。
フラッシュ脱毛では永久脱毛が認められていませんが、医療脱毛では永久脱毛が可能です。
フラッシュ脱毛も医療脱毛も、照射によって毛根にダメージをあたえて脱毛効果を得る仕組みは同じですが、照射する波長が違っています。
フラッシュ脱毛は複数の波長を絡めた光で広範囲に刺激を与える方法で、レーザー脱毛は波長の長さに応じて反応する色や物が変わり、集中的に熱刺激を与える方法です。
医療脱毛は、威力の強いレーザーをダイレクトに毛根に照射し毛根細胞を破壊する方法であるため、脱毛効果も非常に高いのですが施術時に感じる痛みが非常に強い方法となっています。
脱毛完了の目安の施術回数は5回〜6回、脱毛完了までの期間は約1年です。
フラッシュ脱毛は、毛根を破壊する施術ができない為照射出力が低くなっておりその分施術時に感じる痛みがほとんどありません。
脱毛効果においても医療脱毛よりは低いため脱毛完了までにかかる施術回数も多くなり期間も長くなります。
脱毛完了の目安回数は14回〜18回、脱毛完了までの期間は約2年です。
フラッシュ脱毛と医療脱毛の違いは、料金設定にもありフラッシュ脱毛での全身脱毛の相場は約20万、医療脱毛での全身脱毛の相場は約30万となっています。
医療脱毛は、日焼け肌や敏感肌・痛みに弱い方や肌へダメージが気になる方には不安要素も多い脱毛方法ですが、フラッシュ脱毛は日焼け直後でない限りは日焼け肌や褐色肌・ほくろの上の毛にも脱毛が可能で施術時に感じる痛みもほとんどなく、美容効果を重視しているサロンが多いため脱毛施術による脱毛効果に加えて美肌効果も得られる脱毛方法です。
医療脱毛はクリニックでの施術となるため、肌トラブルの際にも適切な処置を受けることができますが、アフターケアは自分自身でする必要があります。

フラッシュ脱毛 メリット デメリット

フラッシュ脱毛は、脱毛サロンやエステで行われる脱毛方法であるため店舗数が多く通いやすいことと営業時間が長いことがメリットです。
脱毛サロンは店舗数が多い事から、自分の都合に合わせた店舗で施術予約をすることができます。
引っ越しの際にも登録情報を引っ越し先の店舗に利用することができるため面倒な手続きもなく施術に通えるため安心です。
脱毛施術において、火傷や赤み・腫れなどの肌トラブルが気になる方が多いと思いますがフラッシュ脱毛は照射出力が抑えられているため肌トラブルのリスクが非常に低くなっています。
フラッシュ脱毛の大きなメリットは、施術料金が安いということです。
サロン・エステごとに多くの格安キャンペーンが実施されており、ワンコインで複数の脱毛体験をすることができるのもフラッシュ脱毛のメリットとなっています。
フラッシュ脱毛にはIPL・SSC・SHRという脱毛方式がありますが、IPL・SSCは全身脱毛1回のかかる時間は約60分、SHR方式は約20分となっているため非常に短い時間で施術することが可能です。
最新マシンになるごとに脱毛時間は大幅に短縮されています。
フラッシュ脱毛のデメリットは、サロンによっては予約が取りにくいということです。
人気がある分、脱毛のタイミングに合わせて予約を取る事が難しく脱毛完了までの期間がどんどん長くなるというデメリットがあります。
女性は生理中は脱毛効果が得られないため、生理期間中は脱毛施術を避ける必要があるため施術を受けたい時に受けられないのはデメリットです。
毛には、成長期・退行期・休止期があり照射によって脱毛効果を得られるのは成長期の毛のみとなっています。
予約が取れても退行期や休止期の毛に照射するのでは脱毛効果は得られません。
フラッシュ脱毛は脱毛効果を感じられるまでの期間が長いことも多くの方がデメリットに感じています。
フラッシュ脱毛は肌に優しい脱毛方法ではありますが照射出力が弱いため脱毛効果を実感できるまでには長い時間が必要です。
腕や脚といった部分は施術4回目〜6回目頃で生えてくる毛が薄くなってきた・毛が細くなってきたと実感できる方がほとんどとなりますが、ワキ・VIOなど毛が太く毛根がしっかりしている場所は脱毛効果をなかなか実感することができません。
フラッシュ脱毛のメリットでもある施術料金が安いという点ですが、1回の施術回数や部分脱毛のお試しといったキャンペーン価格の設定は非常に安いですが、脱毛完了までにかかる費用は高いと感じる方も多いようです。



更新情報


TOP PAGE

© 2019 All right reserved :フラッシュ脱毛でピッカピカの美肌を手に入れたい!
童話